\ 出演者発表!! / YASU NIGHT 2018


毎年恒例となりつつある、
岡田康孝自主企画、
YASU NIGHT 2018!!
今年もやります!


YASU NIGHTとは…
前回の記事をご参照ください◎


今回のテーマはずばり、"グラデーション" です。
そのコンセプトは、のちほど詳しく…♩ 

まずは、出演アーティストの発表です!🎉




まず1組目は、
Gammal Gran 

北欧インストバンドDrakskipの主宰者でもある、フィドル奏者 野間友貴率いる、
全く新しい"アコースティックダンスミュージック"を提唱する3人組バンド。

フィドルはもちろん野間友貴。
北欧伝統音楽の第一人者といっても過言ではない彼が、Gammal Granでも作編曲を担当。

オルガンには、鈴木潤。
これまで、南米のブラジリアン、レゲエミュージックに精通して来た、知る人ぞ知る、名鍵盤プレイヤー。

そして、コントラバスは岡田康孝。
ソロプロジェクトReprépireとして、インプロビゼーションと呼ばれる即興演奏で、その時限りの表現を生み、空間を巧みに音で彩る。


そんな、これまで全く異なるジャンルで活躍してきた、個性豊かな三人が織り成す、
生演奏にこだわったパフォーマンスに要注目です🎻





2組目は、
村島洋一Duo


ギターボーカルである彼と岡田康孝とは、
かつて chori BAND としても活動を共にしていました。
それ以降、彼のソロ活動においても、コントラバスDuoとして度々参加させていただいております!
即興を織り交ぜた、二人の掛け合いが創る独特な空間に、
思わず心引き込まれます…!必見!!





そして3組目は、
Puma
リーダー的存在、サミュエルによる、フィールドレコーディング音源と、
ギター、フルート、コントラバス、そしてダンスを加えた、京都の即興表現集団。

それぞれのフィーリングで、その時限りの演奏と表現をインプロビゼーションでお送りします。

会場内に点在させたスピーカーで、観客を取り囲み、
客席もステージも含めた、空間全体を大きな一つの表現にしてしまう彼ら。

UrBANGUILDだからこそできるこちらの演出。この日限りのステージで、魅せます。
是非この機会に、体感してください!!





以上、豪華3組でお届けします♩

普段は異なるジャンルで活躍する3組ですので、なかなか一度に見ることのできない組み合わせです。



ここで、今回のテーマについて・・・

普段からバンドとして、デュオとして共に演奏させていただいている3組。

それぞれ全く異なる音色の3組に、唯一共通しているのは、”コントラバスの音色”だけ。

この日は、その音色の幅の広がりをお楽しみいただくと同時に、
コントラバスが一つの軸となり、繋がり混じり合う様子を、区切られたものとしてではなく、
一つのグラデーションのように表現できたら、とイメージを膨らませています。



また、今回は演出の一つとして、特別なステージングでお送りします。

本来客席として区切られる部分にも表現者が立ち、
会場全体、お客さん全体を包み込み、
大きなステージとして作り上げる予定です!

これは、アバンの素晴らしい音響があってこそ、また今回の出演者だからこそ、なし得るステージングです。


お客さんの呼吸と、演奏者の呼吸が混じり合い、それがまた音となり表現される。

その瞬間を一人でも多くの方に、それぞれの自由な捉え方で感じ取ってもらえるような、
演出、空間作りを心がけます。



出演者、演出を含めて、
他では体感できない時間をお届けします。

ぜひ、お誘いあわせの上、遊びにいらしてください!!!



▶︎4/1(日)op18:00/st19:00
▶︎京都 UrBANGUILD
▶︎前売2,800円/当日3,200(各+1drink)



ご予約、お問い合わせは、お気軽にこちらまで!
📨info@onnpa.com


お待ちしております^^♩

(スタッフ)




企画:ONNPA production -音と葉製作所-



Yasutaka Okada

Contrabassist / Kyoto , Japan / Reprépirer / Gammal Gran / yarn / Free Teng / and more...!!

0コメント

  • 1000 / 1000